授業についていけない

集団指導塾のデメリットは、授業についていけなくてもそのまま進行してしまうことです。一年間のカリキュラムが決まっているので、一人の子がつまずいても授業は止まってくれません。授業時間内での個別指導や宿題でのフォローとなりますが、個別指導の時間はわずかです。宿題についても、そもそも理解が足りない単元を宿題で仕上げることは子供にとって負担が大きくなります。わからない部分があるとその後の授業もついていくことが難しくなるという悪循環が生じ、さらに子供にプレッシャーを与えます。
わからないところを質問したくても、子供が引っ込み思案であったり緊張するタイプの場合は発言がしにくくそのまま授業が終わってしまうこともあります。講師との相性によって、同じ子がよく指されるといった依怙贔屓があるのもデメリットです。

クラスメイトと遊んでしまう

集団指導塾では、同じクラスの仲間がデメリットになることもあります。クラスメイトの間でなれ合いが生まれ、授業中の雑談や冷やかしといった授業態度の悪化から、学力低下を引き起こします。ひどい時には塾を一緒にさぼってしまうときもあります。個別指導塾よりも講師と子供の距離があるために、授業への集中力が切れてしまう子供もいます。講師も、個別指導塾ほど一人一人の子供をきめ細やかにみられません。そんな中で授業中におしゃべりに夢中になってカリキュラムについていけないと、取り返すのは至難の業です。

そのほかの集団指導塾のデメリットとしては、相性の良くない講師や個人の予定のために授業のスケジュール変更ができないことや、しっかりとカリキュラムが組まれているために年度途中の入会ができないことがあることが挙げられます。

中学生の塾は、学校の授業を復習して試験に備えたり、高校受験のための授業を受けたりすることが出来るところです。