学力や目的に応じた集団指導塾選び

集団指導塾を選ぶときには、指導レベルをよく確認することが大切です。一つの塾で複数のレベルの教室がある場合と、入会時にテストを行い一定以上の子供しか入れない場合があります。学校の授業の理解を深めるために通塾するのであれば、入塾テストがある塾では進度が合わず、求める効果を得ることはできません。逆に、難関校受験のための通塾なのに一般的な学校レベルの塾に通っても、受験の成功は難しいでしょう。学校の勉強の理解や苦手科目の学力向上が目的であれば、一般的な学校レベルの塾での指導を受けることをおすすめします。難関校受験が目的であれば、受験専用のカリキュラムがある塾を選ぶべきです。受けたい難関校の対策を持っている塾、地域で一番の公立校対策ができる塾など特色があります。入塾する前によく調べましょう。季節ごとに行われる講習などに参加してから決めるのもおすすめです。

安心して通塾できる場所選び

通塾するとなると、帰宅が遅くなります。いくら良い塾でも片道一時間以上かかる場所では家に帰るころに深夜になってしまい、通い続けることが負担になってしまいます。通う子供の年齢にもよりますが、体力と家族の送迎の負担も検討して選びましょう。家族が送迎するのであれば、駐車場があるか、待機できるところはあるかも確認しましょう。子供が自分で通うのであれば、駅から近い、明るい大通りを通って帰ることができるなどの安全面も重要です。講師がアルバイトで頻繁に変わったりしないか、自習スペースがあるか、食事をとれるかといった点も確認しておきましょう。 授業料のほかにかかる料金はないかも確認が必要です。夏期講習が必須である、教材費やテスト代が頻繁にかかるなど、チェックしておかないと急な出費となってしまします。