コストが少し高めにかかる

個人指導塾は講師一人が生徒を1人から3人程度受け持って指導する形での授業を行います。家庭教師に近く、講師がある程度専属に近い形で指導を行うため子供一人ひとりに合わせた最適な授業スタイルを取ることが出来るのですが、集団指導塾と比べて講師の人件費が高く掛かってしまう事になります。当然その分のコストは授業料に反映される事になるため、個人指導塾の授業料は比較的高くなってしまうでしょう。当然集団指導塾よりも丁寧な授業が受けられますし、学習意欲の高い子供にとっては最高の環境になる可能性は高いです。しかし塾以外の習い事や必要な道具の購入費用などで家計がひっ迫してしまう事もあるため、コストが高いというデメリットは少なくない影響があると言えるでしょう。

子供の性格によっては合わない可能性がある

個人指導塾は講師とマンツーマンに近い形で指導が行われるため、大人と接するのが苦手な子供だった場合緊張して返って勉強に集中できなくなるというデメリットもあります。集団指導塾であれば同世代の子供も多く、自分ひとりが大人に注目されるようなこともないため子供によっては安心して勉強に集中できるケースも有り、個別指導塾はどんな子供でも合うというわけではなく、あくまでも子供一人一人の適性や相性を見て選ぶ必要があるのです。また個人指導塾は集団指導塾と比べると、講師と生徒の相性がより強く出てしまう傾向があります。子供の性格と講師の性格の相性が悪いと、場合によっては授業中トラブルが起きてしまう事もあるため、子供を個別指導塾に通わせる場合は事前に担当する教師としっかり面談して子供との相性を見ておく必要があるでしょう。